小田原市の不動産・建築情報はライフアップへ。不動産購入、賃貸や家の新築、建て替え、リフォームまでお気軽にお問い合せください。

住まいの総合情報館

テクニカルスキル

木材・基礎・金物について

木材について

建物にとって重要な柱や梁には日本農林規格(JAS)による、ホルムアルデヒドの 放散量・強度等級などの基準をクリアした、エンジニアリングウッドを使用しております。 この木材は、一般的な無垢材の1.5倍の強度があり、収縮や強度のバランスを大幅に減少しています。 エンジニアリングウッドは強度のばらつきが小さく、製品の寸法安定性が高いなどの特性があります。 また、断熱・調湿・防火・防音等に優れており、塩害にも強いという性質があります。

木の家の基本構造

建物の骨組みに使われる材料には様々なものがありますが、日本の気候や風土には木材が最適と いわれています。木材には鉄やコンクリートにはない調湿効果があり、適度に湿気を保つことができます。
木材の耐久性を損なう原因として、腐朽菌やシロアリの被害が発生することがありますが、通気性を良く することで防ぐことができます。木造軸組工法はもともと通気性の良いつくりになっているので、 家を長持ちさせることができます。

基礎と金物

1995年に起きた阪神大震災から得た教訓を生かし、接合金物をバランス良く使い分け、地震に強い家造りをしています。

ベタ基礎に鉄筋を入れ、強度を増しています。アンカーボルトにより、土台と基礎を接合しています。

地震の影響を受ける柱は基礎に直結し、浮き上がりを防ぎます。

V型金物や通しボルトで柱同士を固定しています。

壁面、床面は荷重や外力に対する強度を増しています。